Linux開発環境 Java SE JDK

(最終更新日時:2013-02-02 13:53:42)
サーバーサイドのJavaソリューションの開発や実行を行うため、Linux(CentOS)に Java SE JDK をインストールします。
Java SE JDKにはOracleのJDKとOpenJDKが存在しますが、ここではOracleのJDKをインストールします。

ダウンロード

Java SE の ダウンロードサイト(http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/downloads/)から次のファイルをダウンロードします。
≪32bit OS版≫
Java SE 7 Update 11 Linux x86 jdk-7u13-linux-i586.rpm
≪64bit OS版≫
Java SE 7 Update 11 Linux x64 jdk-7u13-linux-x64.rpm
 (※)下線部は 2013/02/02 現在の最新バージョンです。

インストール

ダウンロードした RPM パッケージをインストールします。
(※)以下は 64bit OS版 のものです。
# rpm -ihv ダウンロード先/jdk-7u13-linux-x64.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
   1:jdk                    ########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
        rt.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_13/jre/lib/rt.pack
        jsse.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_13/jre/lib/jsse.pack
        charsets.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_13/jre/lib/charsets.pack
        tools.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_13/lib/tools.pack
        localedata.jar...
Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_13/jre/lib/ext/localedata.pack
# (※)エラーが出ていますが、問題ありません。

環境設定

環境変数を設定します。
# vi /etc/profile
----------(vi ここから)----------
    :

export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin

----------(vi ここまで)----------

# source /etc/profile                                         # 設定を反映させます

# java -version                                               # 設定の確認を行います
java version "1.7.0_13"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_13-b20)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 23.7-b01, mixed mode)

フィードバック

記事の内容についてのご質問、ご指摘、その他ご意見等は、公式ブログ/Twitter にて受け付けております。

System House ACT 公式ブログ内記事 : Linux開発環境 Java SE JDK

トラックバックまたはコメントにてお寄せください。

Twitter では .@systemact 宛につぶやいてください。
また、こちら から、この記事についてつぶやくことができます。
a System House to build an Accounting system by the Computer Technology