CentOSの標準リポジトリに含まれていないパッケージが必要になることがありますので、サードパーティーリポジトリの追加を行います。
サードパーティーリポジトリの優先順位は、EPEL → RepoForge(旧RPMForge)の順に設定しています。

※当コンテンツは 2015/06/08時点の CentOS7.0を対象としています。

プラグインのインストール

サードパーティーのリポジトリを追加することにより、複数のリポジトリに同じパッケージが存在する事象が発生します。
その場合に、どのリポジトリのパッケージを優先してインストールするかを管理するプラグイン yum-priorities をインストールします。
yum-prioritiesのインストール
[root]# yum -y install yum-priorities
インストールが完了すれば、プラグイン自体の設定はありません。

標準リポジトリの優先順位設定

標準リポジトリである CentOS-Base.repo内の各リポジトリが優先されるように設定します。
/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
@@ -16,6 +16,7 @@
 #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
 gpgcheck=1
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
+priority=1

 #released updates
 [updates]
@@ -24,6 +25,7 @@
 #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
 gpgcheck=1
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
+priority=1

 #additional packages that may be useful
 [extras]
@@ -32,6 +34,7 @@
 #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
 gpgcheck=1
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
+priority=1

 #additional packages that extend functionality of existing packages
 [centosplus]
root権限で編集しています

EPELリポジトリ

Fedoraプロジェクトの有志が Fedoraのパッケージを Red Hat Enterprise Linuxやその互換ディストリビューションで使用することを目的に作成された、エンタープライズ Linux用の拡張パッケージリポジトリ EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)を追加します。
EPELリポジトリの追加
# 署名確認用のキーファイルを取得します
[root]# rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-7

# EPELリポジトリをインストールします
# ※ 7-5は 2015/06/08現在の最新リリース番号です。
[root]# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm
EPELリポジトリの設定を行います。
/etc/yum.repos.d/epel.repo
@@ -6,6 +6,7 @@
 enabled=1
 gpgcheck=1
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7
+priority=10

 [epel-debuginfo]
 name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch - Debug
root権限で編集しています

Remiリポジトリ

Remiは LAMP(Linux, Apache HTTP Server, MySQL, Perl, PHP, Python)パッケージを中心に、新しいバージョンのパッケージが存在するリポジトリです。
Remiリポジトリの追加
# 署名確認用のキーファイルを取得します
[root]# rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

# Remiリポジトリをインストールします
[root]# rpm -ihv http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
Remiリポジトリの設定を行います。
/etc/yum.repos.d/remi.repo
@@ -2,9 +2,10 @@
 name=Remi's RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch
 #baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/remi/$basearch/
 mirrorlist=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/remi/mirror
-enabled=0
+enabled=1
 gpgcheck=1
 gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi
+priority=81

 [remi-php55]
 name=Remi's PHP 5.5 RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch
root権限で編集しています

WANDiscoリポジトリ

WANDiscoはバージョン管理 Subversionの新しいバージョンのパッケージが存在する WANDisco社のリポジトリです。
WANDisco社 ... Subversion関連サービスを提供する米国の会社です。
WANDiscoリポジトリの追加
# 署名確認用のキーファイルを取得します
[root]# sudo rpm --import http://opensource.wandisco.com/RPM-GPG-KEY-WANdisco
WANDisco Subversionリポジトリの設定ファイルを新規に作成します。
/etc/yum.repos.d/wandisco-svn.repo
[WandiscoSVN]
name=Wandisco SVN Repo
baseurl=http://opensource.wandisco.com/centos/7/svn-1.8/RPMS/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
priority=82
root権限で編集しています

RepoForgeリポジトリ

RepoForgeは、RPMForgeから名称変更したリポジトリで、Red Hat Enterprise Linuxやその互換ディストリビューション用の RPMパッケージを維持するためのプロジェクトにより提供されています。
ただし、ほとんどのパッケージは Fedoraに近く RHELとの親和性が高い EPELで入手できますので、優先度を下げて追加しています。
RepoForgeリポジトリの追加
# 署名確認用のキーファイルを取得します
[root]# rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt

# RepoForgeリポジトリをインストールします
# ※0.5.3-1は 2015/06/08現在の RHEL7/CentOS7用最新リリース番号です。
[root]# rpm -ihv http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el7.rf.x86_64.rpm
RepoForgeリポジトリの設定を行います。
/etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
@@ -3,18 +3,19 @@
 [rpmforge]
 name = RHEL $releasever - RPMforge.net - dag
 baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el7/en/$basearch/rpmforge
-mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el7/mirrors-rpmforge
-#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
+#mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el7/mirrors-rpmforge
+mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
 enabled = 1
 protect = 0
 gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
 gpgcheck = 1
+priority = 89

 [rpmforge-extras]
 name = RHEL $releasever - RPMforge.net - extras
 baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el7/en/$basearch/extras
-mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el7/mirrors-rpmforge-extras
-#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge-extras
+#mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el7/mirrors-rpmforge-extras
+mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge-extras
 enabled = 0
 protect = 0
 gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
@@ -23,8 +24,8 @@
 [rpmforge-testing]
 name = RHEL $releasever - RPMforge.net - testing
 baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el7/en/$basearch/testing
-mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el7/mirrors-rpmforge-testing
-#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge-testing
+#mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el7/mirrors-rpmforge-testing
+mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge-testing
 enabled = 0
 protect = 0
 gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
root権限で編集しています
ミラーサーバーリストの先頭に国内ミラーサーバーの RepoForgeリポジトリを追加します。
/etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
http://ftp.riken.jp/Linux/repoforge/redhat/el6/en/$ARCH/rpmforge
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/RPMS/repoforge/redhat/el6/en/$ARCH/rpmforge
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/repoforge/redhat/el6/en/$ARCH/rpmforge
     :
root権限で編集しています
/etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge-extras
http://ftp.riken.jp/Linux/repoforge/redhat/el7/en/$ARCH/extras
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/RPMS/repoforge/redhat/el7/en/$ARCH/extras
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/repoforge/redhat/el7/en/$ARCH/extras
     :
root権限で編集しています
/etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge-testing
http://ftp.riken.jp/Linux/repoforge/redhat/el7/en/$ARCH/testing
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/RPMS/repoforge/redhat/el7/en/$ARCH/testing
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/repoforge/redhat/el7/en/$ARCH/testing
     :
root権限で編集しています

パッケージの自動更新

自動更新ツール yum-cron をインストールして、パッケージの自動更新を行います。
yum-cronのインストール
# 自動更新ツール yum-cron をインストールします
[root]# yum -y install yum-cron

# 自動更新ツール yum-cron の設定を行います
[root]# vi /etc/yum/yum-cron.conf
----------(vi ここから)----------
       :
# Whether updates should be applied when they are available.  Note
# that download_updates must also be yes for the update to be applied.
apply_updates = yes
       :
----------(vi ここまで)----------

# 自動更新サービスを起動します
[root]# systemctl start  yum-cron

# 起動の確認を行います
[root]# systemctl status yum-cron
yum-cron.service - Run automatic yum updates as a cron job
   Loaded: loaded
   Active: active
       :
apply_updates
yesで自動的に更新されます

パッケージの追加インストール

サーバー(GUI使用)の最小構成で CentOSのインストールを行いましたので、今後必要となるパッケージを追加でインストールします。
パッケージの追加インストール
# パッケージの追加インストールを行います
[root]# yum -y install \
      >   patch \
      >   wget \
      >   xinetd \
      >   autoconf \
      >   gcc-c++
# スーパーサーバ型デーモン xinetd を有効にします
[root]# systemctl start  xinetd
[root]# systemctl status xinetd
patch
差分適用ツール
wget
HTTPやFTPによるファイル取得ツール
xinetd
インターネットサービスのスーパーサーバ型デーモン
autoconf
コンパイルのconfigureを生成するためのプログラム
gcc-c++
GNU GCC(GNUコンパイラコレクション)の C++コンパイラ

パッケージの管理コマンド

パッケージを管理する上で便利なコマンドを抜粋しておきます。
管理コマンド集
# ファイル(例:/etc/sysconfig/yum-cron)がどのパッケージからインストールされたかを調べる
[root]# rpm -qf /etc/sysconfig/yum-cron

# パッケージ(例:yum-cron)からインストールされたファイルを調べる
[root]# rpm -ql yum-cron

# パッケージ(例:yum-cron)のインストール/更新日時を調べる
[root]# rpm -qa --last | grep yum-cron

# ファイル(例:*/yum-cron)がどのパッケージに存在するかを調べる
[root]# yum provides */yum-cron

# パッケージ(例:yum-cron)のインストール元リポジトリを調べる
[root]# yum list installed | grep yum-cron

# yumのリポジトリから RPM(例:yum-cron)をダウンロード
[root]# yumdownloader yum-cron

フィードバック

記事の内容についてのご質問、ご指摘、その他ご意見等は下記にてお願いいたします。
System House ACT公式ブログ内記事 :
CentOS サーバー構築 リポジトリ管理

トラックバックまたはコメントにてお寄せください。