System House ACT Weblog

RSS 1.0 RSS 2.0 ATOM 1.0

Google代替広告に楽天ダイナミック広告を!(その2)

前回、Google代替広告にコンテンツマッチ広告と同じ機能を持っている広告をいくつか表示させようとしたところ、document.referrer が原因で無理だと結論付けました。

しかし、やはり見た目の悪さは気になります。
コンテンツマッチ型ではなく、行動ターゲット型やユーザーマッチ型の広告にすると、表示ページのURL自体は関係なくなりますので、そちらを代替広告としてもいいですし、よくあるようにアマゾンの広告でも構いません。
しかし、それでは、サイトのコンテンツや記事の内容にまったく関係のない広告が表示されることになります。
現時点で、すでに行動ターゲット型を1種類、ユーザーマッチ型を1種類掲載していますので、さらにそこにどちらかを増やすのはかなりのためらいがあります。

ということから、やはりコンテンツマッチ型で何とか方法を考えるしかありません。

そんなときに見つけたのが、楽天ウェブサービスの楽天ダイナミックアドAPIです。
広告表示ページのURLさえ取得できれば、このAPIを使用してコンテンツにマッチした広告を取得できます。
楽天自身から公式に『楽天ダイナミックアド』がリリースされていますが、document.referrer を使用してURLを取得していますので、代替広告に設定すると、Googleの広告が表示されてしまいます。^^;

楽天ダイナミックアドAPIですと、APIの操作のみならず、広告の表示も自分自身で行う必要がありますが、広告表示ページのURL取得を含め、なんとかなりそうです。

Google代替広告に楽天ダイナミック広告を!(その3)へ続く!
2009-02-18 03:57:49 投稿者:代表コメントを追加する

この記事への参照記事

参照記事はありません。

この記事へのコメント

コメントはありません。

この記事へのコメントを追加する

 お手数ですが、チェックしてください → 

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。

この記事へのトラックバックを追加する

トラックバックURLは ここを右クリック し、
  • IE … ショートカットのコピー
  • Firefox … リンクの URL をコピー
でコピーできます。
また、こちらのフォーム からトラックバックを送信することもできます。
なお、この記事への言及リンクのないトラックバックは一旦保留させていただいております。ご了承ください。
(トラックバック送信エラーになった場合でも、保留が解除されることによりトラックバックは受け付けられます。)
Webサービス by Yahoo! JAPAN
サンワダイレクト
a System House to build an Accounting system by the Computer Technology