System House ACT Weblog

RSS 1.0 RSS 2.0 ATOM 1.0

年金特別便

巷で問題になっている『年金特別便』。

誰(どの会社)がそのフォーマットを設計したかは知りませんが、決定的に欠けていたのは、『何のために』という視点です。

設計者は『データベース上にある年金記録の個人別一覧』を出せばいいくらいの気持ちだったのではないでしょうか?

『何のために』 … 年金の記録漏れを確認してもらう

このことをきちんと理解していれば、記録漏れが確認しやすいフォーマットを考えたはずです。
例えば、
昭和25年4月1日~昭和43年6月30日 (株)○○
昭和43年7月1日~昭和43年9月30日
昭和43年10月1日~昭和53年3月31日 国民年金

というように、期間を連続させ、記録のない期間は期間のみ表示してあとは空欄にします。

これくらいのことは、『何のために』ということが分かっていれば誰でも思いつくはずです。

では、なぜそうならなかったのでしょう?

『何のために』という視点が欠けていたとしか言いようがありません。
そうでなければ、

『何のために』 … 年金記録を送る

ということだったのでしょう。
手段が目的化したということです。

少なくとも『システムインテグレータ』を標榜する企業が受注してシステム設計を行ったはずです。
社会保険庁の責任はもちろん大きいでしょう。
しかし、そのようなシステム設計しかできなかった『システムインテグレータ』の責任はどうなのでしょう?

そこまでの責任は負えないというのなら、それなりの金額で受注すべきです。
『システムインテグレータ』であるからこその対価ではありませんか?
そして、このような設計をして、胸を張って『システムインテグレータ』であると言えますか?

この業界が未来あるものであるためにも、もう少し責任ということに真摯であって欲しいし、正々堂々と対価を要求できるようになって欲しいものです。
企業も…、そして、技術者個人も…。
2008-01-28 23:04:59 投稿者:代表コメントを追加する

この記事への参照記事

参照記事はありません。

この記事へのコメント

コメントはありません。

この記事へのコメントを追加する

 お手数ですが、チェックしてください → 

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。

この記事へのトラックバックを追加する

トラックバックURLは ここを右クリック し、
  • IE … ショートカットのコピー
  • Firefox … リンクの URL をコピー
でコピーできます。
また、こちらのフォーム からトラックバックを送信することもできます。
なお、この記事への言及リンクのないトラックバックは一旦保留させていただいております。ご了承ください。
(トラックバック送信エラーになった場合でも、保留が解除されることによりトラックバックは受け付けられます。)
Webサービス by Yahoo! JAPAN
サンワダイレクト
a System House to build an Accounting system by the Computer Technology