System House ACT Weblog

RSS 1.0 RSS 2.0 ATOM 1.0

ノートPCのHDD換装

Panasonic Let's note T4 を愛用しているのですが、今回 VisualStudio 2008 をインストールしようとして、HDD容量が決定的に不足しているという状況に陥りました。

そこで、もう既に保証期間も過ぎていることから、HDDの換装を行いました。

購入したHDDは、東芝の MK1234GAX です。
秋葉原の T-ZONE PC DIY SHOP で、消費税込 ¥9,429でした。
120GBで、内蔵されている40GBの MK4025GASL よりも電源特性も若干良いようですので、電池の持ちにも効果がありそうです。

あと、HDDの内容をコピーするために、玄人志向の USB 2.0接続2.5型HDDケース GW2.5AI-U2 を消費税込¥980で購入しました。

HDD内容のコピーについては、System Selectorという手持ちソフトにパーティション管理機能がありますので、今回は購入する必要はありません。

さて、いよいよ換装作業です。

まず、HDD内の隠しパーティションにリカバリ領域がありますので、この領域を使用できるようにします。
通常通り、WindowsXPを起動して、
c:\util\oxp\tools\showRHDD.js

を実行し、一度再起動します。

リカバリ領域がアクセス可能になりましたので、FDを準備し、「MS-DOSの起動ディスク作成する」でフォーマットします。
リカバリ領域内の
\TOOLS\MAKEBEER.EXE
\TOOLS\RECVMODE.EXE

をFDにコピーしておきます。

GW2.5AI-U2 に MK1234GAX をセットし、T4に接続して、内蔵のHDDから領域コピーと領域拡張を行います。
リカバリ領域は必ず基本パーティションの最後(4番目)に作成します。

Let's note T4 の分解とHDDの交換は、Let'snote テンプレ Wiki を参考に行いました。

先に作成した起動FDで、換装したHDDの T4 を起動します。
MAKEBEER

でリカバリ領域が4番目にあることを確認し、
MAKEBEER /COPY
MAKEBEER /NDOS
RECVMODE /NORMAL

を実行します。

HDDからT4 を起動して、完了です。
これで VisualStudio2008のインストールができるようになりました。

NTFSでHDDの残り容量が極端に減って表示されることがありますが、その場合は、
CHKDSK /F C:

で、復旧できます。
2008-02-12 02:36:14 投稿者:代表コメントを追加する

この記事への参照記事

参照記事はありません。

この記事へのコメント

コメントはありません。

この記事へのコメントを追加する

 お手数ですが、チェックしてください → 

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。

この記事へのトラックバックを追加する

トラックバックURLは ここを右クリック し、
  • IE … ショートカットのコピー
  • Firefox … リンクの URL をコピー
でコピーできます。
また、こちらのフォーム からトラックバックを送信することもできます。
なお、この記事への言及リンクのないトラックバックは一旦保留させていただいております。ご了承ください。
(トラックバック送信エラーになった場合でも、保留が解除されることによりトラックバックは受け付けられます。)
Webサービス by Yahoo! JAPAN
サンワダイレクト
a System House to build an Accounting system by the Computer Technology