System House ACT Weblog

RSS 1.0 RSS 2.0 ATOM 1.0

Group-Office 2.18-stable-21日本語化パッチ適用済パッケージ

最終更新日時 : 2014-11-22 16:08:49
当サイトへのアクセス履歴を見ますと、Group-Officeをキーワードに訪れる方が多く、また、ソーシャルブックマークやブログにもリンクされているようです。

それらのいくつかにこちらから訪問してみたり、またメールによる問い合わせで、レンタルサーバーへのインストールしようとされている方も多いようです。
FC2レンタルサーバー 様からは、オンラインマニュアルで v2.14 の入手先としてリンクされています。

また、シェルコマンドが使用できないので、パッチファイルの適用をどうすればいいかとの問い合わせもありました。

そこで、当サイトのGroup-Office 2.18-stable-21 に記載している日本語化パッチを適用したパッケージを提供することにしました。

http://www.system-act.com/archives/groupoffice-com-2.18-stable-21-ja-20081016.zip
http://www.system-act.com/archives/groupoffice-com-2.18-stable-21-ja090106.zip
(2009-01-06 更新)

からダウンロードしてください。

レンタルサーバーへのインストールは、ダウンロードしたファイルを解凍し、以下の手順で行います。

<手順1>
ダウンロードしたファイルを解凍すると、groupoffice-com-2.18-stable-21 というフォルダができますので、その中にあるファイルとディレクトリをすべて転送します。
転送先として、サーバー上に groupoffice というフォルダを作成してください。

例として、さくらインターネットでは、

/home/アカウント名/www/groupoffice

が転送先になります。

<手順2>
FTPソフトで以下のフォルダを作成します。パーミッションは 777 にしてください。

/home/アカウント名/www/groupoffice/local
/home/アカウント名/groupoffice/data
/home/アカウント名/groupoffice/tmp

<手順3>
config.php という名前で空のファイルを作成し、FTPソフトで

/home/アカウント名/www/groupoffice/

に転送します。パーミッションは 666 にしてください。

<手順4>
ブラウザで

http://サイトURL/groupoffice/install/install.php

にアクセスしてインストールおよび設定を行ってください。

URLの確認・設定画面では、

Relative URL: /groupoffice
Absolute URL: http://サイトURL/groupoffice/

を設定します。
また、情報保存用ディレクトリの確認・設定画面では、

Protected files path: /home/アカウント名/groupoffice/data/
Public files path: /home/アカウント名/www/groupoffice/local/
Local URL: /groupoffice/local/
Temporary files directory: /home/アカウント名/groupoffice/tmp/

を設定します。

<手順5>
FTPソフトで

/home/アカウント名/www/groupoffice/config.php

のパーミッションを 644 にしてください。

<手順6>
FTPソフトで

/home/アカウント名/www/groupoffice/install

をフォルダごと削除してください。

以上で、

http://サイトURL/groupoffice/

にアクセスするとログイン画面が表示されるはずです。
admin でログインして、ユーザーの作成等を行ってください。
2008-10-16 02:19:38 投稿者:管理者コメントを追加する

この記事への参照記事

参照記事はありません。

この記事へのコメント

斉藤 さん
2008-10-16 16:11:35
返信ありがとうございます!
返信だけでなく、さくらインターネットでのアップの方法まで記載していただいて、感動しています!

最初、2.14のバージョンでは できたんですけど、2.18のバージョンをアップしていても、途中で、なにやら、進まずに あきらめてたんですけど・・・

新しい記事を拝見して ホントにビックリしました!

早速アップしてみました!
ちゃんと サーバーにアップして 動いてます!!

あとは ボチボチ書き込みをして試していき、動作の内容が確認できれば、みんなに通知してグループで使っていければと 思っています。
ひとつだけ教えて欲しいのですが、グループ内で カレンダーのスケジュールを書き込みしあったりする方法は、それぞれユーザーが カレンダーの権限を設定しないといけないのでしょうか?
それとも管理者が一括して、カレンダーの権限を決定してしまうことは可能でしょうか?
カレンダーの書き込みの権限はユーザー同士で、予定の追加ができるように設定していきたいのです。

あと、グループ全員のスケジュールを一覧で見る方法があれば 教えていただければ、とっても、嬉しいです。

とにかく、まずはWEBにインストールできて 一歩前進です!
本当に、ありがとうございます。
管理者 さん
2008-10-17 03:46:49
動作したということで、おめでとうございます。

カレンダーの件ですが、読込/書込権限は管理者しか設定できません。
ユーザーカレンダーを作成する際にグループで権限を設定されておくことをお勧めします。
設定するユーザー数が多ければ、一度「全ユーザー向けにカレンダーを作成」して、設定しないユーザーから権限を削除するという方法もありますが…。

グループ全員のスケジュールは、管理者のカレンダー管理でビューを作成し、ユーザーはカレンダー画面から「他のカレンダーを開く」でそのビューを開くことにより一覧表示が可能です。
なお、ビューの書込権限は、そのビューカレンダーを開いている際に書込ができるということで、ビューに表示されたユーザーのカレンダーに書込ができるということではありません。
ユーザーのカレンダーへの書込は、あくまでもユーザーカレンダーの書込権限で制御されます。
ただし、読込権限については、ユーザーカレンダーの読込権限がなくても、ビューカレンダーの読込権限があれば表示できます。

まだ、一部姓名の順が逆になっています。ぼちぼち対応していきますのでご容赦を。m(_ _)m

この記事へのコメントを追加する

 お手数ですが、チェックしてください → 

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。

この記事へのトラックバックを追加する

トラックバックの受付は終了しました。
Webサービス by Yahoo! JAPAN
サンワダイレクト
a System House to build an Accounting system by the Computer Technology