System House ACT Weblog

RSS 1.0 RSS 2.0 ATOM 1.0

Xen による仮想サーバーの構築

今後のサーバー運用管理面を考え、データベースサーバーを仮想サーバーで運用することにしました。

現時点のサーバー CPU が Intel Atom 330 (1.6GHzx2) であるため、PAE(Physical Address Extension:物理アドレス拡張)には対応していますが、Intel-VT(Intel Virtualization Technology:Intel 仮想化支援技術)には対応していません。
したがって、仮想サーバーの構築は、準仮想化で行うことになります。

KVM は準仮想化に対応していませんので、Xen による仮想化を採用することにしました。

構築に関しての手順等は、

http://www.system-act.com/server/xen.html

を参照してください。
2010-02-24 19:44:08 投稿者:管理者コメントを追加する

この記事への参照記事

参照記事はありません。

この記事へのコメント

コメントはありません。

この記事へのコメントを追加する

 お手数ですが、チェックしてください → 

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。

この記事へのトラックバックを追加する

トラックバックURLは ここを右クリック し、
  • IE … ショートカットのコピー
  • Firefox … リンクの URL をコピー
でコピーできます。
また、こちらのフォーム からトラックバックを送信することもできます。
なお、この記事への言及リンクのないトラックバックは一旦保留させていただいております。ご了承ください。
(トラックバック送信エラーになった場合でも、保留が解除されることによりトラックバックは受け付けられます。)
Webサービス by Yahoo! JAPAN
サンワダイレクト
a System House to build an Accounting system by the Computer Technology